話題のケータリングカーならレンタルが一番

ここでは、なぜ低価格・低いリスクなのか具体的に説明をしていきます。
それに、万が一、経営が上手くいかず廃業する場合、お店を原状回復したうえで変換をしなければならず、看板や設備などの解体費用など、色々な費用が発生します。

 

このようにお店を経営するには、初期費用、維持費、原状回復にかかる費用など、お金が何かとかかります。
特段、中古車でもよければ、更に開業資金を安く抑える事ができると思います。
独立開業を目指してる方の間で、ケータリングカーのフランチャイズ加盟が注目されてきています。 というのは、低コスト・低いリスクであるからです。
ケータリングカーだとすれば、出店料を支払えば営業出来、営業した時間分のみの光熱費しか発生しません。

 

10坪程度のカフェを開業する場合でも、保証金、賃貸費用、内装、設備費などで、1000万円をこえるお金がかかると言われています。そのため、大数々の方が、資金の問題のために飲食店の開業を断念しています。
それに対し、移動販売のフランチャイズに加盟した場合、加盟料が数十万円、設備費をはじめとケータリングカー諸経費がかかるとしても、200万円〜350万円程度の開業資金ですみます。
店舗経営の場合、売上高とか営業日数に関係なく、一定の家賃と光熱費を支払わなければなりません。


ホーム RSS購読 サイトマップ